コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通説 ツウセツ

デジタル大辞泉の解説

つう‐せつ【通説】

世間一般に通用している説。「通説に従う」
全体にわたる解説。「王朝文学通説
深く考え抜かれ真理に到達した。通達した説。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つうせつ【通説】

世間に広く通用している説。 「 -をくつがえす新発見」
全般にわたって解説すること。また、その解説。 「日本文学史-」
深い真理に達した説。通達した説。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

通説の関連キーワード江戸半太夫(2代)居徳(いとく)遺跡ブルンシュウィク第三者異議の訴え違憲立法審査権歴史修正主義者カガン(可汗)ポーター仮説ブイヤベース歴史修正主義トムヤムクン悉曇三密鈔鱶鰭スープブルンナー出雲のお国アンダンテ根底・根柢自殺関与罪債権行為千秋万歳

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通説の関連情報