コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通説 ツウセツ

デジタル大辞泉の解説

つう‐せつ【通説】

世間一般に通用している説。「通説に従う」
全体にわたる解説。「王朝文学通説
深く考え抜かれ真理に到達した。通達した説。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つうせつ【通説】

世間に広く通用している説。 「 -をくつがえす新発見」
全般にわたって解説すること。また、その解説。 「日本文学史-」
深い真理に達した説。通達した説。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

通説の関連キーワード江戸半太夫(2代)居徳(いとく)遺跡ブラフマ・サマージ第三者異議の訴えカガン(可汗)ハム・セム語族違憲立法審査権歴史修正主義者トムヤムクンポーター仮説聖徳太子伝暦ブイヤベース歴史修正主義悉曇三密鈔鱶鰭スープオージャーブルンナー出雲のお国根底・根柢自殺関与罪

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通説の関連情報