都城大弓(読み)みやこのじょうだいきゅう

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

都城大弓[竹工]
みやこのじょうだいきゅう

九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
主に都城市・北諸県郡三股町で製作されている。江戸時代、都城では薩摩藩の武士のために弓をつくっていたが、明治時代に鹿児島県川内地区から楠見善治が弓づくりの新たな技術をもたらしてさらに発展した。竹と櫨の木を素材にした都城大弓は、矢を放った後の衝撃吸収や弦音の美しさに優れる。現在国内で製造される竹弓の約90%を生産。宮崎県伝統工芸品。1994(平成6)年4月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

都城大弓

宮崎県都城市を中心に生産される弓道用の大弓。県および国の伝統的工芸品に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android