大弓(読み)オオユミ

  • おおゆみ〔おほ〕
  • だいきゅう
  • 大弓/×弩

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 大きな弓。また、半弓・楊弓に対してふつうの弓。長さは七尺五寸(約二・二五メートル)を通常とする。
※談義本・当世穴穿(1769‐71)三「先ヅ結会は、松竹梅の風流に組合を分て、大弓(ダイキウ)のくじまと射けしから、割出した物」 〔春秋左伝‐定公八年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android