コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都市牛利 つしごり

1件 の用語解説(都市牛利の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都市牛利 つしごり

?-? 3世紀の官吏。
魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」によれば,魏の景初3年(239)卑弥呼(ひみこ)が使いを魏におくったときの次席使者。洛陽にいき生口(奴隷)などを献上。このとき率善(そつぜん)校尉に任命され,銀印と青綬(じゅ)をあたえられたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

都市牛利の関連キーワード伊都国貫頭衣魏志倭人伝狗奴国末盧国邪馬台国倭人壱与倭人伝に登場する動物弥生時代のクニグニ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone