酒井高徳(読み)さかい ごうとく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井高徳 さかい-ごうとく

1991- 平成時代のプロサッカー選手。
平成3年3月14日生まれ。ポジションはDF(サイドバック)。父は日本人,母はドイツ人。2歳から新潟県三条に住む。平成18年アルビレックス新潟ユースに入団,同年のU-15をかわきりに各年代の日本代表にえらばれる。21年アルビレックス新潟のトップチームに昇格。同年FC東京戦がJリーグデビュー戦で,22年からレギュラーとなる。24年ドイツのVfBシュツットガルトに期限付き移籍(25年完全移籍)。24年ロンドン五輪代表にえらばれ,4試合に出場し,4位に入賞。26年FIFAワールドカップ(ブラジル大会)の日本代表にえらばれる。27年ハンブルガーSVへの移籍が合意される。弟にアルビレックス新潟のFW酒井宣福(のりよし)。アメリカ合衆国出身。開志学園高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒井高徳の関連情報