コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒月米人 さかづきの こめんど

美術人名辞典の解説

酒月米人

江戸後期の狂歌師。通称は榎本治兵衛、のち三右衛門別号狂歌房・吾友軒。晩年、四方滝水・滝水楼と改めた。大田蜀山人門下。版本挿絵や狂歌擢物などを手がけた後晩年は本絵師として肉筆の美人風俗画を描く。和文にも巧みで、蜀山人主催の「和文の会」の一員となった。その著『観難誌』は天明寛政期の狂歌界を知る貴重な資料である。生歿年不詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒月米人 さかづきの-こめんど

?-? 江戸時代中期-後期の狂歌師。
天明3年(1783)ごろ四方赤良(よもの-あから)(大田南畝(なんぽ))の門下となる。四方側(よもがわ)の有力判者のひとり。天明から寛政にかけての狂歌界の動きをつたえる「観難誌」をあらわす。通称は榎本治兵衛。別号に狂歌房,吾友軒,四方滝水など。狂名は「よねんど」ともよむ。編著に「狂歌東来集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

酒月米人

生年:生没年不詳
江戸時代の狂歌作者。通称は榎本治兵衛。江戸本町に住んだ。のち霊岸島塩町に居を移し,榎本(扇屋とも)三右衛門と称した。別号は狂歌房,吾友軒。晩年,四方滝水,滝水楼と改めた。狂名は,酒盃では献酬が小面倒だというのに由来するか。天明3(1783)年ごろ,四方赤良(大田南畝)の門下となり,『蜀山人判取帳』には「さかづきも玉のとこよのきみなればいつまでくだを巻はしらかも」の狂詠がある。寛政(1789~1801)以後,四方側の有力判者になる。和文にも巧みで,南畝が寛政11(1799)年に始めた「和文の会」の一員となり,南畝編『ひともと草』(1806)に4編の短編が収録されている。その著書『観難誌』は,天明から寛政にかけての狂歌界を知るうえで貴重な資料である。

(園田豊)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

酒月米人の関連キーワード千歳亭友年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android