酢につけ粉につけ(読み)スニツケコニツケ

デジタル大辞泉の解説

酢(す)につけ粉(こ)につけ

《酢につけたり、粉にまぶしたりの意から》何かにつけて。酢に当て粉に当て。
「―、一日この事いひやまず」〈浮・五人女・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すにつけこにつけ【酢につけ粉につけ】

何かにつけて。酢に当て粉に当て。酢につけ味噌につけ。 「これおやじ、そなたはお花が継父ままてて、-憎いのもことはり/浄瑠璃・長町女腹切

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

す【酢】 に=つけ粉(こ)につけ[=当(あ)て粉(こ)に当(あ)て]

何かにつけて。おりにふれて。酢につけ味噌につけ。
※俳諧・飛梅千句(1679)賦何麦俳諧「眤言も唯ちゃんふんのよるの月〈西伊〉 すにあてこにあて夢の秋風〈西雪〉」
世草子・好色五人女(1686)二「酢(ス)にあて粉(コ)にあて、一日此事いひやまず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android