コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋風 アキカゼ

デジタル大辞泉の解説

あき‐かぜ【秋風】

秋に吹く風。秋になって吹いてくる涼しい風。しゅうふう。 秋》「―や干魚をかけたる浜庇/蕪村
「秋」を「飽き」に掛けて、男女間の愛情が冷めることのたとえ

しゅう‐ふう〔シウ‐〕【秋風】

秋に吹く。あきかぜ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あきかぜ【秋風】

秋に吹く風。 [季] 秋。 《 石山の石より白し秋の風 /芭蕉 》
(秋を「飽き」にかけて)男女間の愛情がさめることにいう。
[句項目] 秋風が立つ

しゅうふう【秋風】

秋に吹く風。あきかぜ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

秋風の関連キーワード叢蘭茂らんと欲し秋風之を敗る歓楽極まりて哀情多しチュプンリョン初雁が音・初雁声を帆に上ぐ草も揺るがず少壮幾時ぞ秋風が立つ阿太の大野つづりさせ掻き鳴す葦の丸屋三井秋風遠山摺り扱き敷く天地有情初雁が音帆に上ぐ秋風索漠空しき名

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋風の関連情報