秋風(読み)アキカゼ

デジタル大辞泉の解説

あき‐かぜ【秋風】

秋に吹く風。秋になって吹いてくる涼しい風。しゅうふう。 秋》「―や干魚をかけたる浜庇/蕪村
「秋」を「飽き」に掛けて、男女間の愛情が冷めることのたとえ

しゅう‐ふう〔シウ‐〕【秋風】

秋に吹く。あきかぜ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あきかぜ【秋風】

秋に吹く風。 [季] 秋。 《 石山の石より白し秋の風 /芭蕉 》
(秋を「飽き」にかけて)男女間の愛情がさめることにいう。
[句項目] 秋風が立つ

しゅうふう【秋風】

秋に吹く風。あきかぜ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あき‐かぜ【秋風】

〘名〙
に吹く風。→秋風の。《季・秋》
※万葉(8C後)一〇・二三〇一「よしゑやし恋ひじとすれど金風(あきかぜ)の寒く吹く夜は君をしそ思ふ」
※俳諧・野ざらし紀行(1685‐86頃)「秋風や藪も畠も不破の関」
② (「秋」を「飽き」にかけて) 男女の愛情がさめること。
※古今(905‐914)恋五・七八七「秋風は身をわけてしも吹かなくに人の心のそらになるらむ〈紀友則〉」

しゅう‐ふう シウ‥【秋風】

〘名〙
① 秋に吹く風。あきかぜ。《季・秋》
※万葉(8C後)三・四六五・題詞「移朔而後悲嘆秋風家持作歌一首」 〔漢武帝‐秋風辞〕
② (形動) (秋になって、風の寒さが身にしみるという連想から) ふところが寒いこと。所持金が乏しいこと。また、そのさま。
洒落本・通言総籬(1787)二「これ公が所に孔方(こうほう)が少々なしか。小ぎくを一帖かいてへ。をれはすこぶる秋風(シュウフウ)だて」

しゅうふう シウフウ【秋風】

江戸前期の俳人。三井氏。名は俊寅。豪商三井高利の兄重俊の三男。京都の人。はじめ梅盛門、のち宗因や常矩に接近した。西鶴の浮世草子「諸艷大鑑」新龍宮の遊興は、秋風をモデルに描かれたものといわれている。編著「打曇砥」「誹諧吐綬鶏」など。正保三~享保二年(一六四六‐一七一七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋風の関連情報