コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢憤り スムズカリ

デジタル大辞泉の解説

す‐むずかり〔‐むづかり〕【酢憤り】

粗くおろした大根とニンジンに、いり大豆・塩鮭の頭・酒かすなどをまぜて煮たもの。初午(はつうま)に道祖神や稲荷(いなり)社に供える。北関東の郷土料理。古くは、いった大豆に酢をかけたものをいった。すむつかり。しもつかれ

す‐むつかり【酢憤り】

すむずかり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すむずかり【酢憤り】

〔「すむつかり」とも〕
おろし大根にいり大豆を加え、酢醬油をかけた食品。また、ニンジン・油揚げなどを加えることもある。初午はつうまに道祖神や稲荷いなりに供え、また自家の食用とする。関東一円に同様の料理があり、各地で作り方・呼び名が少しずつ異なる。 → しもつかれ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

すむつかり【酢憤り】


しもつかれ。⇒しもつかれ

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android