コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩鮭 シオザケ

デジタル大辞泉の解説

しお‐ざけ〔しほ‐〕【塩×鮭】

塩漬けにした。保存がきく。うす塩のものを荒巻(あらまき)、強く塩をしたものを塩引(しおび)きという。しおじゃけ。 冬》「―の塩きびしきを好みけり/秋桜子」→荒巻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

しおざけ【塩鮭】

鮭の塩蔵品。鮭をおろして塩または塩水につけたあと切り身にしたものがもっとも一般的で、さまざまな塩加減のものが作られる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しおざけ【塩鮭】

塩蔵品にしたサケ。荒巻き・塩引きなどがある。塩じゃけ。 [季] 冬。

しおじゃけ【塩鮭】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の塩鮭の言及

【サケ(鮭)】より

…生鮮品の生鮭は若狭,丹後,但馬,因幡から献上されて天子の食膳に上った。生鮭以外のものは,おそらくすべてが塩蔵・塩乾品で,単に鮭とあるのも塩鮭(塩引(しおびき)鮭)であったと思われる。楚割は魚条とも書き,魚肉を細く切って干したものをいった。…

※「塩鮭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩鮭の関連キーワード紀伊国屋文左衛門しもつかれ有力な方言平賀 亀祐高橋由一平賀亀祐永野万蔵依田哲哉年取り魚秋味漬け酢憤り塩引き蝦夷汁握り飯船場煮大辛粕汁鮭鮓秋味中辛

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩鮭の関連情報