コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酵素結合イムノソルベントアッセイ

栄養・生化学辞典の解説

酵素結合イムノソルベントアッセイ

 抗原抗体反応を利用してタンパク質やポリペプチドその他の微量物質を特異的に定量する方法で,定量したい物質の抗体を作り,その抗体,もしくはその抗体に対するさらに二次の抗体を酵素で標識し,定量したい物質を最終的に酵素反応の生産物の量に変換して定量する.酵素としては定量しやすいペルオキシダーゼがよく用いられる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

酵素結合イムノソルベントアッセイの関連キーワード酵素免疫検定法

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酵素結合イムノソルベントアッセイの関連情報