二次(読み)ニジ

デジタル大辞泉の解説

に‐じ【二次】

第2回。2番目。「二次募集」
ある物事や現象が、本来のものに対して付随する関係にあること。副次。「二次利用」
数学で、式・関数などの未知数の最高次数が2であること。「二次式」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にじ【二次】

二番目に行われること。 「 -試験」
事物・現象のうち、あることに付随して起こるもの。副次。 「 -エネルギー」
〘数〙 代数方程式などで、次数が二であること。 「 -関数」 「 -曲線」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

に‐じ【二次】

〘名〙
① (「第二」の略) 第二回。二番目。二度。二回。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二「黄昏より院の庭前に烟花を揚ぐ、毎週日に一次、或は二次に及ぶこともあり」
② ある事物や現象などが、他の根本的なものに対して、付随した関係にあること。副次。
※祭りの場(1975)〈林京子〉「被爆地の二次放射線を致死量以上に受け」
③ 数学で、整式、整関数代数方程式などの次数が二であること。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

に‐の‐つぎ【二次】

〘名〙 二番目。その次。あとまわし。
黄表紙・高漫斉行脚日記(1776)中「花をならへば花は二のつぎにて、銀の花いけ宣徳のひろ口などでいけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二次の関連情報