酸基(読み)さんき(英語表記)acid radical

日本大百科全書(ニッポニカ)「酸基」の解説

酸基
さんき
acid radical

酸解離する水素原子をもつ酸の分子からその水素原子を除いた残りの原子団。カルボン酸R-COOHではR-COO-が酸基である。水素が陽イオンとして解離したとすると、残りはR-COO-の陰イオンとなるが、このようなときには酸根ということもある。

[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「酸基」の解説

さん‐き【酸基】

〘名〙 酸の分子から金属原子と置換し得る水素原子を一個以上除いた残りの原子または原子団。塩の陰性部分をなす。硝酸基 NO3, 硫酸基 SO4 など。酸根。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android