コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸基 サンキ

大辞林 第三版の解説

さんき【酸基】

無機・有機の各種の酸の分子から、水素イオンとして電離し得る水素原子を一個以上除いた残りの原子または原子団。酸根。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸基
さんき
acid radical

酸解離する水素原子をもつ酸の分子からその水素原子を除いた残りの原子団。カルボン酸R-COOHではR-COO-が酸基である。水素が陽イオンとして解離したとすると、残りはR-COO-の陰イオンとなるが、このようなときには酸根ということもある。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

酸基の関連キーワードアデノシントリフォスファターゼセリントレオニンキナーゼホスホトランスフェラーゼ高エネルギーリン酸結合第四アンモニウム化合物ナフトールスルホン酸高エネルギー燐酸結合タングステン酸塩鉱物クレアチンキナーゼスルホニウム化合物プロテインキナーゼ高エネルギー結合陽イオン交換樹脂イオン交換樹脂グリセロリン酸ジアゾニウム塩ホスホキナーゼ酸性タール色素感光性高分子フィッシャー

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酸基の関連情報