原子団(読み)げんしだん

  • atomic group

大辞林 第三版の解説

化合物の分子内に含まれる共有結合で結ばれた原子の集団。基と同じように使われるが、さらに広い意味にも用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多原子イオン、配位子、酸根、官能基、遊離基などのように、複数個の原子が集合して一つの化学単位をつくるとき、それらを概括的に原子団という。したがって基よりも広義の用語であるが、基とほとんど同じ意味で使われることもある。たとえば、アジ化物イオンN3-は3個の窒素原子からなる原子団であり、ニトロ基-NO2は窒素原子1個と酸素原子2個からなる原子団である。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 分子の中に含まれる特定の原子の集団。化学変化において、集団が一つの単位のように行動する根や基のこと。硫酸基、水酸基など。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

化合物中の基を形成する原子の集団をいう.メチル,エチル,フェニルなどは炭化水素の原子団であり,化合物に反応性を与えるNH2,OH,COOHなどの官能基も原子団で,特性基ともよばれる.無機化合物中の多原子イオンもそれに相当する.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android