コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子団 ゲンシダン

5件 の用語解説(原子団の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんし‐だん【原子団】

化合物分子内で、一つの化学単位を作っている原子の集団。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

原子団【げんしだん】

物質分子内である特定の原子集団となっているもの。と同義に使われることもあるが,一般にはさらに広く,化学反応の際にまとまって行動するような分子ではない原子集団すべてをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

原子団

 化合物の基を構成している原子の集団.フェニル基(C6H5-),ニトロ基(-NO2),アミノ基(-NH2),カルボキシル基(-COOH),メチル基(CH3-)など.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

げんしだん【原子団】

化合物の分子内に含まれる共有結合で結ばれた原子の集団。基と同じように使われるが、さらに広い意味にも用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原子団
げんしだん
atomic group

多原子イオン、配位子、酸根、官能基、遊離基などのように、複数個の原子が集合して一つの化学単位をつくるとき、それらを概括的に原子団という。したがって基よりも広義の用語であるが、基とほとんど同じ意味で使われることもある。たとえば、アジ化物イオンN3-は3個の窒素原子からなる原子団であり、ニトロ基-NO2は窒素原子1個と酸素原子2個からなる原子団である。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子団の関連キーワード多原子分子地名分子式分子容軌道電子単原子分子分子説二原子分子クーパーミニマムパーチェイス・データ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone