コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸素欠損 さんそけっそんoxygen deficiency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸素欠損
さんそけっそん
oxygen deficiency

酸素濃度が大気中の標準濃度約 21%より低下した状態をいう。酸素欠乏症防止規則では,空気中の酸素濃度が 18%未満である状態を酸素欠乏とし,鉱山保安法規では,鉱山の坑内の酸素濃度は 19%以上でなければならないとしている。酸素濃度 16~12%では脈拍,呼吸数が増加し頭痛がしてくる。 14~9%では判断力が鈍り,酩酊状態になり,チアノーゼを生じる。 10~6%では中枢神経障害,けいれんを生じ意識不明にいたる。 10%以下が続くと昏睡し,呼吸が停止し,6~8分後には心臓が停止する。酸素欠損を生じるおそれのある場所に進入する必要がある場合には酸素計で濃度を測定して安全を確かめなければならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

酸素欠損の関連キーワード原因が明らかな難治性下痢症の例鉱山救護隊坑内通気坑内空気

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android