判断力(読み)はんだんりょく

精選版 日本国語大辞典「判断力」の解説

はんだん‐りょく【判断力】

〘名〙
① 物事を正確に判断する能力。
※武蔵野(1887)〈山田美妙〉中「中々強い想像力が一入跋扈を極めて判断力をも殺いた」
② (Urteilskraft の訳語) カント哲学で、悟性と直観を媒介する能力(規定的判断力)。また、美的なものや、自然の合目的性を判定する美的能力(反省的判断力)。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「判断力」の解説

はんだん‐りょく【判断力】

物事を正しく認識し、評価する能力。
《〈ドイツ〉Urteilskraftカント哲学で、特殊普遍のもとに関係づける能力。普遍が与えられていて、それに特殊を包摂する規定的判断力と、与えられている特殊に対して、それを包摂するための普遍を求める反省的判断力とに区別されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の判断力の言及

【理性】より

…また18世紀にはイギリスの〈常識common sense〉がドイツで悟性に結びつけられ,無反省に生活で使用される〈通俗的悟性gemeiner Verstand〉よりも〈論究的理性räsonierende Vernunft〉が上位に置かれるようになった。 カントは認識能力を諸対象を直観する受容的な〈感性〉と,諸対象を概念で思考する自発的な広義の〈悟性〉とに分かち,後者を狭義の〈悟性(概念・規則の能力)〉〈判断力(判断の能力)〉〈理性(理念・推論の能力)〉に分けた。理論的な理性はこの広義の悟性と一致し,感性によって与えられる現象界を超越しえず,自由を説きえないが,実践的には理性は意志を規定する原因性として,感性的衝動の克服を命令し,自由を要請しうる。…

※「判断力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android