醜の御楯(読み)シコノミタテ

デジタル大辞泉の解説

しこ‐の‐みたて【醜の×楯】

天皇のとなって外敵を防ぐ者。武人が自分を卑下していう語。
「今日よりは顧みなくて大君の―と出で立つわれは」〈・四三七三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しこのみたて【醜の御楯】

天皇を守る盾となる者の意を、自ら卑下していう語。 「大君の-と出で立つ我は/万葉集 4373

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しこ【醜】 の 御楯(みたて)

(「楯」は矢を防ぐ具) 卑しい身で天皇のために楯となって外敵を防ぐ者。一説に、天皇の守りの強力な楯となる者。
※万葉(8C後)二〇・四三七三「今日よりは顧みなくて大君の之許乃美多弖(シコノミタテ)と出で立つわれは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android