醜の御楯(読み)しこのみたて

精選版 日本国語大辞典「醜の御楯」の解説

しこ【醜】 の 御楯(みたて)

(「楯」は矢を防ぐ具) 卑しい身で天皇のために楯となって外敵を防ぐ者。一説に、天皇の守りの強力な楯となる者。
万葉(8C後)二〇・四三七三「今日よりは顧みなくて大君の之許乃美多弖(シコノミタテ)と出で立つわれは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「醜の御楯」の解説

しこ‐の‐みたて【醜の×楯】

天皇の楯となって外敵を防ぐ者。武人が自分を卑下していう語。
「今日よりは顧みなくて大君の―と出で立つわれは」〈・四三七三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android