醜夫(読み)シュウフ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐ふ シウ‥【醜夫】

〘名〙 顔かたちのみにくい男。ぶおとこ。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉八「曾(かつ)て少年の時に当ては余が如き醜夫(シュウフ)に非ざるべし」 〔潘岳‐射雉賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android