コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重ね焼(き) カサネヤキ

デジタル大辞泉の解説

かさね‐やき【重ね焼(き)】

陶器などの焼き方で、器を何重にも積み重ねて焼く方法。器の接する部分には釉(うわぐすり)をかけない。
写真で、2枚以上の陰画を重ね合わせて1枚の印画紙に焼き付けること。二重焼き付け。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

重ね焼(き)の関連キーワードレリーフ写真うわぐすり砂高台ムサカ

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android