コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重ね焼(き) カサネヤキ

デジタル大辞泉の解説

かさね‐やき【重ね焼(き)】

陶器などの焼き方で、器を何重にも積み重ねて焼く方法。器の接する部分には釉(うわぐすり)をかけない。
写真で、2枚以上の陰画を重ね合わせて1枚の印画紙に焼き付けること。二重焼き付け。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

重ね焼(き)の関連キーワードレリーフ写真うわぐすり砂高台ムサカ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android