印画紙(読み)いんがし(英語表記)photographic paper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印画紙
いんがし
photographic paper

陰画から焼き付け現像処理を経て陽画をつくる写真感光紙感度の遅い塩化銀乳剤の密着用印画紙(ガスライト紙),感度の速い臭化銀乳剤の引き伸ばし用印画紙(ブロマイド紙),両者の中間的感度を有する塩臭化銀乳剤の引き伸ばし用印画紙(クロロブロマイド紙)があり,今日ではカラー印画紙も広く普及している。写真術初期の鶏卵紙をはじめ,POP,アリスト白金紙はゼラチンまたはコロジオン乳剤を原紙に塗布した焼き付け印画紙(→焼出し印画紙)である。近年は,支持体である紙の両面をポリエチレンで被膜したものが多くなりつつある。このタイプの印画紙は支持体の紙の吸水がないので,水洗時間,乾燥時間が短くてすみ,迅速な現像処理ができるという利点がある。デジタルカメラの普及により,写真フィルムと同様に印画紙の種類も減少している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いんがし【印画紙 photographic paper】

紙を基体とした支持体に感光乳剤を塗布乾燥した写真感光材料密着焼付けまたは引伸しによって写真の陰画(ネガ)から陽画(ポジ)を得るために使用する。現像方式に対応していくつかの種類に分類されるが,ここでは最も一般的な一般現像紙とその他の印画紙とに分けて説明する。
[一般現像紙]
 焼付け後,順次,現像→停止→定着→水洗→乾燥の通常工程をとるもので,仕上がりプリントが長期保存に適するものとなる。その構成は,支持体,乳剤層,保護層の3層からなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いんがし【印画紙】

陰画から陽画像を焼きつけるために感光乳剤を塗布した紙。乳剤の種類により、ガスライト紙・ブロマイド紙・クロロブロマイド紙などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いんが‐し イングヮ‥【印画紙】

〘名〙 原紙の表面に感光乳剤を塗布した写真用紙。陰画から陽画をつくる焼き付けに用いる。主に密着用のガスライト紙、引き伸ばし用のブロマイド紙、クロロブロマイド紙などがある。
※フィルム写真術(1920)〈高桑勝雄〉写真器はどんなものか写真はどうして出来るか「種板から焼付けて写真をこしらへるに使ふ紙を印画紙(イングヮシ)といひますが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

印画紙の関連情報