コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印画紙 いんがし photographic paper

6件 の用語解説(印画紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印画紙
いんがし
photographic paper

陰画から焼き付け現像処理を経て陽画をつくる写真感光紙。感度の遅い塩化銀乳剤の密着用印画紙(ガスライト紙),感度の速い臭化銀乳剤の引き伸ばし用印画紙(ブロマイド紙),両者の中間的感度を有する塩臭化銀乳剤の引き伸ばし用印画紙(クロロブロマイド紙)があり,今日ではカラー印画紙も広く普及している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いんが‐し〔イングワ‐〕【印画紙】

写真で、陰画の原板を焼き付けて陽画を作るための感光紙。白黒用とカラー用がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

印画紙【いんがし】

紙を支持体として写真乳剤を塗布したもの。支持体の加工方法により,プラスチックコーティングされたRCペーパーバライタ層をもつバライタ紙がある。
→関連項目感光材料写真複写密着印画

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いんがし【印画紙 photographic paper】

紙を基体とした支持体に感光乳剤を塗布乾燥した写真感光材料密着焼付けまたは引伸しによって写真の陰画(ネガ)から陽画(ポジ)を得るために使用する。現像方式に対応していくつかの種類に分類されるが,ここでは最も一般的な一般現像紙とその他の印画紙とに分けて説明する。
[一般現像紙]
 焼付け後,順次,現像→停止→定着→水洗→乾燥の通常工程をとるもので,仕上がりプリントが長期保存に適するものとなる。その構成は,支持体,乳剤層,保護層の3層からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんがし【印画紙】

陰画から陽画像を焼きつけるために感光乳剤を塗布した紙。乳剤の種類により、ガスライト紙・ブロマイド紙・クロロブロマイド紙などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

印画紙
いんがし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

印画紙の関連キーワード乾板クロロブロマイド紙写真乳剤ハレーション感光紙感光乳剤写真感度セロハンテープ粘着テープX線フィルム

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

印画紙の関連情報