コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印画紙 いんがしphotographic paper

6件 の用語解説(印画紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印画紙
いんがし
photographic paper

陰画から焼き付け現像処理を経て陽画をつくる写真感光紙。感度の遅い塩化銀乳剤の密着用印画紙(ガスライト紙),感度の速い臭化銀乳剤の引き伸ばし用印画紙(ブロマイド紙),両者の中間的感度を有する塩臭化銀乳剤の引き伸ばし用印画紙(クロロブロマイド紙)があり,今日ではカラー印画紙も広く普及している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いんが‐し〔イングワ‐〕【印画紙】

写真で、陰画の原板を焼き付けて陽画を作るための感光紙。白黒用とカラー用がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

印画紙【いんがし】

紙を支持体として写真乳剤を塗布したもの。支持体の加工方法により,プラスチックコーティングされたRCペーパーバライタ層をもつバライタ紙がある。
→関連項目感光材料写真複写密着印画

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いんがし【印画紙 photographic paper】

紙を基体とした支持体に感光乳剤を塗布乾燥した写真感光材料密着焼付けまたは引伸しによって写真の陰画(ネガ)から陽画(ポジ)を得るために使用する。現像方式に対応していくつかの種類に分類されるが,ここでは最も一般的な一般現像紙とその他の印画紙とに分けて説明する。
[一般現像紙]
 焼付け後,順次,現像→停止→定着→水洗→乾燥の通常工程をとるもので,仕上がりプリントが長期保存に適するものとなる。その構成は,支持体,乳剤層,保護層の3層からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いんがし【印画紙】

陰画から陽画像を焼きつけるために感光乳剤を塗布した紙。乳剤の種類により、ガスライト紙・ブロマイド紙・クロロブロマイド紙などがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

印画紙の関連情報