コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陰画 いんがnegative image

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陰画
いんが
negative image

撮影,現像処理の終ったフィルム乾板上の像のこと。被写体とは明暗,濃淡が逆になり,さらにカラーネガの画像の色は,被写体の色の補色画像で,たとえば赤色はシアン,青色は黄,緑はマゼンタとなっている。単にネガともいい,焼付け,引伸し処理により被写体と同じ明暗,色の陽画をつくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いん‐が〔‐グワ〕【陰画】

写真で、ネガフィルムや乾板を現像すると得られる画像。実物とは明暗・色彩が逆。ネガ。⇔陽画

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

陰画【いんが】

ネガ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いんが【陰画】

ネガティブnegative,略してネガともいう。黒白写真のフィルムで写真を撮影して現像を行うと,被写体の明暗と逆の明暗の画像が得られる。これを画という。陰画をもう印画紙かフィルムに密着して露光し,現像を行うと,被写体と同じ明暗を再現した画像が得られ,これを陽画またはポジティブ,ポジという。通常の写真はこのようにネガ作成を経てポジを作る。これをネガポジ法という。写真や映画作成の場合,1枚あるいは一連のネガから焼付けによって多数のポジが作成できることはネガポジ法の利点である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陰画の関連キーワード允・印・咽・員・因・姻・寅・引・慇・殷・淫・胤・蔭・院・陰・隕・隠・隱・音・韻・飲フォトCDシステムソラリゼーションミニラボシステムコロタイプ印刷カラーフィルムカーボン印画法カラー印画紙感光性ガラススペイン美術写真植字機マチャード仁木 悦子トアレ文化タルボットケニフ洞窟ネガティブ二重焼付け反転現像覆い焼き

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陰画の関連情報