陰画(読み)いんが(英語表記)negative image

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陰画
いんが
negative image

撮影,現像処理の終ったフィルム乾板上の像のこと。被写体とは明暗,濃淡が逆になり,さらにカラーネガの画像の色は,被写体の色の補色画像で,たとえば赤色はシアン,青色は黄,緑はマゼンタとなっている。単にネガともいい,焼付け,引伸し処理により被写体と同じ明暗,色の陽画をつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いんが【陰画】

ネガティブnegative,略してネガともいう。黒白写真のフィルムで写真を撮影して現像を行うと,被写体の明暗と逆の明暗の画像が得られる。これを画という。陰画をもう印画紙かフィルムに密着して露光し,現像を行うと,被写体と同じ明暗を再現した画像が得られ,これを陽画またはポジティブ,ポジという。通常の写真はこのようにネガ作成を経てポジを作る。これをネガポジ法という。写真や映画作成の場合,1枚あるいは一連のネガから焼付けによって多数のポジが作成できることはネガポジ法の利点である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陰画の関連情報