重みつき平均(読み)おもみつきへいきん

百科事典マイペディア「重みつき平均」の解説

重みつき平均【おもみつきへいきん】

加重平均とも。n個の数値(たとえば測定値)x1,x2,…,x(/n)に対しn個の負でない実数α1,α2,…,α(/n)をとり,(α1x1+α2x2+……+α(/n)x(/n))/(α1+α2+……+α(/n))で計算した値を,x1,x2,…,x(/n)の(重みα1,α2,…,α(/n)による)重みつき平均という。α1=α2=…=α(/n)なら相加平均になる。
→関連項目最小二乗法平均

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android