重宗 雄三(読み)シゲムネ ユウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

重宗 雄三
シゲムネ ユウゾウ

昭和期の政治家,実業家 参院議長(自民党);明電社社長。



生年
明治27(1894)年2月11日

没年
昭和51(1976)年3月13日

出生地
山口県岩国市

学歴〔年〕
東京高工付属工業学校(現・東工大附属高)電気科〔明治45年〕卒

主な受賞名〔年〕
藍綬褒章〔昭和36年〕,勲一等旭日桐花大綬章〔昭和48年〕

経歴
兄が創設した明電社に入社し、昭和13年社長、38年会長に就任。また22年参院議員に当選し、以後5期連続当選。28年参院副議長、35年第2次岸内閣の運輸相を経て、37年参院議長に就任。以来9年間にわたって議長をつとめ、参院自民党に“重宗王国”を築いたが、46年反重宗派が造反して野党と結び失脚。49年には政界を引退した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

重宗 雄三
シゲムネ ユウゾウ


肩書
参院議長(自民党),明電社社長

生年月日
明治27年2月11日

出生地
山口県岩国市

学歴
東京高工付属工業学校(現・東工大附属高)電気科〔明治45年〕卒

経歴
兄が創設した明電社に入社し、昭和13年社長、38年会長に就任。また22年参院議員に当選し、以後5期連続当選。28年参院副議長、35年第2次岸内閣の運輸相を経て、37年参院議長に就任。以来9年間にわたって議長をつとめ、参院自民党に“重宗王国”を築いたが、46年反重宗派が造反して野党と結び失脚。49年には政界を引退した。

受賞
藍綬褒章〔昭和36年〕 勲一等旭日桐花大綬章〔昭和48年〕

没年月日
昭和51年3月13日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

重宗 雄三 (しげむね ゆうぞう)

生年月日:1894年2月11日
昭和時代の政治家;実業家。参議院議員;明電社社長
1976年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重宗 雄三の関連情報