コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重松俊章 しげまつ しゅんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重松俊章 しげまつ-しゅんしょう

1883-1961 大正-昭和時代の東洋史学者。
明治16年11月18日生まれ。真言宗の僧。豊山大(現大正大),松山高教授をへて,九州帝大,松山商大の教授となる。西域史や中国古代の民俗学的研究をおこなうほか,弥勒(みろく)教,白蓮教などを研究。愛媛県の石手寺住職をつとめた。昭和36年10月6日死去。77歳。愛媛県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

重松俊章の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android