コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重油専焼火力 じゅうゆせんしょうかりょく

1件 の用語解説(重油専焼火力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重油専焼火力
じゅうゆせんしょうかりょく

重油専焼火力発電所の略。燃料として重油だけを利用する蒸気力発電所の総称。石炭だけを燃料に利用する石炭専焼火力発電所,石炭と重油をあわせて利用する混焼火力発電所と対比して用いられる。日本では 1960年代以降の第1次エネルギー革命の進行過程で重油専焼火力が表面化し,花形となったが,硫黄酸化物などの公害が問題とされるようになり,脱硫技術の開発や原油生だきなどの方法が取入れられるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重油専焼火力の関連キーワード重油揚水式発電所汽力発電重油機関A重油C重油B重油火力発電所熱併給火力発電所松島火力発電所