コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重油専焼火力 じゅうゆせんしょうかりょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重油専焼火力
じゅうゆせんしょうかりょく

重油専焼火力発電所の略。燃料として重油だけを利用する蒸気力発電所の総称。石炭だけを燃料に利用する石炭専焼火力発電所,石炭と重油をあわせて利用する混焼火力発電所と対比して用いられる。日本では 1960年代以降の第1次エネルギー革命の進行過程で重油専焼火力が表面化し,花形となったが,硫黄酸化物などの公害が問題とされるようになり,脱硫技術の開発や原油生だきなどの方法が取入れられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android