重量挙げ(読み)ジュウリョウアゲ

デジタル大辞泉「重量挙げ」の解説

じゅうりょう‐あげ〔ヂユウリヤウ‐〕【重量挙げ】

バーベル両手頭上に差し上げて、その重さを競う競技スナッチジャークの2種目があり、重量を増やしながら各3回ずつ試技を行う。それぞれの最高記録を合計して順位を決定する。ウエートリフティング
[補説]挑戦する重量は選手自ら申告する。前半のスナッチで3回失敗すると失格となり、ジャークには進めない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「重量挙げ」の解説

重量挙げ
じゅうりょうあげ

ウエイトリフティング

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の重量挙げの言及

【ウェイトリフティング】より

…バーベルを一定の方法でもち上げて,その挙上重量を競う競技。重量挙げともいう。
[歴史]
 旧約聖書に出てくるサムソンや,日本の神話で天の岩屋戸を押し開けた手力雄神(たぢからおのかみ)に代表される怪力者の話は,昔から世界各地にあり,有史時代に入ってからもこれに似た話はいくつも残っている。…

※「重量挙げ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android