重量挙げ(読み)ジュウリョウアゲ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

重量挙げ

バーベルを床から一気に頭上に持ち上げる「スナッチ」と、胸でいったん止めてから上げる「クリーン&ジャーク」の2種目。各3回行い、それぞれの最高重量の合計で競う。呼び出されてから持ち上げるまでの制限時間は30秒~1分程度。女子は48キロ級から75キロ超級まで7階級あり、オリンピックでは2000年のシドニー大会から競技に採用された。

(2016-01-06 朝日新聞 朝刊 徳島全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうりょうあげ【重量挙げ】

バーベルを両手で持ち上げ、その重量を競う競技。体重によって階級が区別される。スナッチ(引き上げ)・ジャーク(差し上げ)の二種目があり、その合計成績で順位を決める。ウエート-リフティング。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の重量挙げの言及

【ウェイトリフティング】より

…バーベルを一定の方法でもち上げて,その挙上重量を競う競技。重量挙げともいう。
[歴史]
 旧約聖書に出てくるサムソンや,日本の神話で天の岩屋戸を押し開けた手力雄神(たぢからおのかみ)に代表される怪力者の話は,昔から世界各地にあり,有史時代に入ってからもこれに似た話はいくつも残っている。…

※「重量挙げ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重量挙げの関連情報