コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重陽の節句 ちょうようのせっく

日本文化いろは事典の解説

重陽の節句

重陽」とは9月9日にあたり、に長寿を祈る日です。陽(奇数)が重なる日そして、奇数の中でも一番大きな数字という意味で重陽といわれています。日本では奈良時代から宮中や寺院で菊を観賞する宴が行われています。

出典|シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について | 情報

重陽の節句の関連キーワード奥能登の白菊言葉の露六菖十菊くんち秋祭り菊花酒きく菊紋九日残菊

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重陽の節句の関連情報