コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野崎参り ノザキマイリ

大辞林 第三版の解説

のざきまいり【野崎参り】

野崎観音に参詣すること。また、そこで毎年春と秋に行われる無縁仏回向の法会に参詣すること。昔は、寝屋川を舟で行く人と、堤を行く人とが互いに悪口をあびせ合う奇習(悪口あつこう祭)があった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の野崎参りの言及

【野崎観音】より

…元和年間(1615‐24)曹洞宗の僧青厳が復興してから,大坂商人の絶大な信仰を得て,その援護のもとに栄えた。春秋2回の無縁経の法会に,大坂方面から野崎参りと称して参詣者が多く,そのとき寝屋川の船路による者と土手の陸路を歩む者が互いにののしり合う奇習があって名高い。〈お染・久松〉(お染久松物)の悲恋物語の舞台としても知られ,いま本堂の後方に,2人の墓が残っている。…

※「野崎参り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

野崎参りの関連キーワード大阪府大東市野崎島大東市寝屋川野崎大東揉め

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android