コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野崎参り ノザキマイリ

2件 の用語解説(野崎参りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のざき‐まいり〔‐まゐり〕【野崎参り】

野崎観音に参拝すること。浄瑠璃新版歌祭文」で有名になり、春秋2回行われた無縁経の法会に、屋形船で参拝に来る人と陸路を来る人とがののしり合う奇習があった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の野崎参りの言及

【野崎観音】より

…元和年間(1615‐24)曹洞宗の僧青厳が復興してから,大坂商人の絶大な信仰を得て,その援護のもとに栄えた。春秋2回の無縁経の法会に,大坂方面から野崎参りと称して参詣者が多く,そのとき寝屋川の船路による者と土手の陸路を歩む者が互いにののしり合う奇習があって名高い。〈お染・久松〉(お染久松物)の悲恋物語の舞台としても知られ,いま本堂の後方に,2人の墓が残っている。…

※「野崎参り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野崎参りの関連情報