コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野白 ノジロ

デジタル大辞泉の解説

の‐じろ【野白】

密集していた人が、地面が見えるほどにまばらになること。
「―になったる敵兵共追っ詰め」〈浄・先代萩

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のじろ【野白】

密集していた人が、地面が見えるくらいにまばらになること。 「左衛門の佐の兵共、-に成つてぞ見えたりける/太平記 33

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

野白の関連キーワード京福電気鉄道北野線飯野(福島県)伊藤 観魚森村 宜稲白米山古墳長尾景春足利持氏奥州街道戸田康長長尾景仲渓斎英泉松崎慊堂石井直治イースト太平記西尾氏長野県鉢形金鷹醸造

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野白の関連情報