コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野面 ノヅラ

4件 の用語解説(野面の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

の‐づら【野面】

野のおもて。野原。「野面を渡る風」
山から切り出したままで加工してない石の表面。また、その石。
恥を知らない、あつかましい顔。鉄面皮(てつめんぴ)。
「此処等から一番―で遣(やっ)つけよう」〈鏡花高野聖

の‐も‐せ【野面】

《野も狭いほどにの意を表す「野も狭(せ)に」の「野も狭」を一語とみなしたところから》野原一面。また、野のおもて。のづら。
「よられつる―の草のかげろひて涼しくくもる夕立の空」〈新古今・夏〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のづら【野面】

野の面おもて。野原。 「 -を吹く風」
切り出したままで加工していない石の肌。また、挽き切ったままの板の表面。
恥を知らない、あつかましい顔。鉄面皮。 「俺が何もしるめえと思つて、-で言はれてみると/人情本・花筐」

のもせ【野面】

〔「野も狭」の誤解から生じた語〕
野のおもて。のづら。野外。 「まだ露下ぬ-に/滝口入道 樗牛」 「 -の虫の霜にかれゆく声を/とはずがたり 4

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の野面の言及

【石垣】より

…城郭の石垣の古いものは,大割りした石をそのまま積み,石の大きさはふぞろいで,すき間が大きく,こう配も緩い。これを野面(のづら)と呼んだ(図1)。しかし,城郭の大規模化とともに,城壁の出隅のように構造および防御上の弱点となる部分から,しだいに精密に加工した石材が用いられはじめ,高く急こう配の石垣が生まれた。…

※「野面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

野面の関連キーワード危ない橋を渡る海を渡る剃刀の刃を渡る世間師谷渡り卵を渡る門渡る西之表二の表世を渡る

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野面の関連情報