野面(読み)のづら

精選版 日本国語大辞典「野面」の解説

の‐づら【野面】

〘名〙
野原の表
※合巻・正本製(1815‐31)初「のづらに育つやぶの梅」
② 切り出したままで加工してない自然の石のはだ。また、自然のままの石。野面石。
浄瑠璃・曾我虎が(1711頃)上「滑らかに蒸して、手がかりもなき野づらの石」
※浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)五「野づらの石垣麦藁塀要害うとしと申共」
④ 恥を知らないしゃあしゃあとした顔。平気な顔。素知らぬ顔。あつかましい顔。鉄面皮(てつめんぴ)。あつかわ。
※評判記・赤烏帽子(1663)「言葉のおちをとられては、のづらにあらざるをひねり」
芝居大道具の一つ。村はずれなどの背景。

の‐も‐せ【野面】

〘名〙 (野も狭くなるほどいっぱいにの意の「野も狭(せ)に」の「野も狭」を一語と解し、「に」を格助詞と解したことによる語) 野の面(おもて)。のづら。
※大斎院前御集(11C前)下「つてにきく袖にも露はおきかへりのもせの虫の音にもおとらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「野面」の解説

の‐づら【野面】

野のおもて。野原。「野面を渡る風」
山から切り出したままで加工してない石の表面。また、その石。
恥を知らない、あつかましい顔。鉄面皮てつめんぴ
「此処等から一番―でやっつけよう」〈鏡花高野聖
[類語]野原平原広野ひろの広野こうや広原高原原っぱ松原草原そうげん草原くさはら草地野中野良野末田野

の‐も‐せ【野面】

《野も狭いほどにの意を表す「野もに」の「野も狭」を一語とみなしたところから》野原一面。また、野のおもて。のづら。
「よられつる―の草のかげろひて涼しくくもる夕立の空」〈新古今・夏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の野面の言及

【石垣】より

…城郭の石垣の古いものは,大割りした石をそのまま積み,石の大きさはふぞろいで,すき間が大きく,こう配も緩い。これを野面(のづら)と呼んだ(図1)。しかし,城郭の大規模化とともに,城壁の出隅のように構造および防御上の弱点となる部分から,しだいに精密に加工した石材が用いられはじめ,高く急こう配の石垣が生まれた。…

※「野面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android