コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量子縺れ リョウシモツレ

デジタル大辞泉の解説

りょうし‐もつれ〔リヤウシ‐〕【量子×縺れ】

二つ以上の粒子や系が、量子力学的に相関をもっていること。また、そのような性質。それらの粒子や系は互いの空間的な隔たりに依存しない非局所性といわれる相関をもち、古典物理学では扱うことができない振る舞いを示す。この量子もつれを利用した量子コンピューター量子テレポーテーションの研究が進められている。量子相関量子絡み合い。量子エンタングルメント。エンタングルメント。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例