金は天下の回りもの(読み)カネハテンカノマワリモノ

デジタル大辞泉の解説

金(かね)は天下の回りもの

金銭は一つ所にとどまっているものではなく、今持っている者もいつか失ったり、今ない者もいつか手に入れたりする。金は天下の回り持ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かねはてんかのまわりもの【金は天下の回りもの】

金銭は一か所にばかりとどまっているものではなく、世間を回って動く。金は世界の回りもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かね【金】 は=天下(てんか)[=世界(せかい)]の=回(まわ)りもの[=回(まわ)り持(も)ち]

金銭は一つ所にばかりとどまっているわけではなく、今多くの銭を持っている者もそれを失い、今金銭のない者にもやがては回ってくる。世界の宝は回りもち。
※歌舞伎・上総綿小紋単地(1865)六幕「金(カネ)は世界(セカイ)の廻(マハ)りもの、散る秋あれば花の咲く再び春に廻(めぐ)り逢ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金は天下の回りものの関連情報