金一封(読み)きんいっぷう

精選版 日本国語大辞典「金一封」の解説

きん‐いっぷう【金一封】

〘名〙 賞金寄付金などを贈る場合、に包みをして金額を明示しないもの。包み
※二つの話(1946)〈井伏鱒二〉「帰りぎはには、『屑』といふ子供に金一封を与へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「金一封」の解説

きん‐いっぷう【金一封】

寄付金や賞金などを、金額を明示しないで紙に包み、封をしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android