コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金一封 キンイップウ

デジタル大辞泉の解説

きん‐いっぷう【金一封】

寄付賞金などを、金額を明示しないで紙に包み、をしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんいっぷう【金一封】

賞金・寄付金・礼金などで、金額を明示せずに贈るときの言い方。 「功労者には-が出る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金一封の関連キーワード天皇賜杯[相撲]別子銅山争議恒常所得仮説国民栄誉賞中島たつ天皇杯寄付金紙包み賜る一封

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金一封の関連情報