コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金三郎 きんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金三郎 きんざぶろう

?-? 江戸時代後期の陶工。
天保(てんぽう)年間(1830-44)に山城相楽(そうらく)郡鹿背山(かせやま)村(京都府木津(きづ)町)に窯をひらき,染付祥瑞(しょんずい)写しをつくったという。鹿背山焼は,別説によれば,文政10年森本助左衛門が大和(奈良県)五条村の陶工をまねいて創始したとされる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金三郎の関連キーワード望月 太左衛門(8代目)福原 鶴三郎(4代目)望月太左衛門(8代)川崎八右衛門香川 真一渡辺勇次郎プラン問題9月16日喜多山永隆金森建策土岐朝旨青木竜峰徳弘董斎都筑峯重ねぶた祭高島秋帆南郷茂光加藤金平小林茂雄石川柳城

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金三郎の関連情報