コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金三郎 きんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金三郎 きんざぶろう

?-? 江戸時代後期の陶工。
天保(てんぽう)年間(1830-44)に山城相楽(そうらく)郡鹿背山(かせやま)村(京都府木津(きづ)町)に窯をひらき,染付祥瑞(しょんずい)写しをつくったという。鹿背山焼は,別説によれば,文政10年森本助左衛門が大和(奈良県)五条村の陶工をまねいて創始したとされる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

金三郎の関連キーワード望月 太左衛門(8代目)福原 鶴三郎(4代目)望月太左衛門(8代)川崎八右衛門香川 真一渡辺勇次郎プラン問題9月16日喜多山永隆高島秋帆加藤金平小林茂雄土岐朝旨金森建策徳弘董斎南郷茂光ねぶた祭青木竜峰松山正夫石川柳城

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金三郎の関連情報