金三郎(読み)きんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金三郎 きんざぶろう

?-? 江戸時代後期の陶工。
天保(てんぽう)年間(1830-44)に山城相楽(そうらく)郡鹿背山(かせやま)村(京都府木津(きづ)町)に窯をひらき,染付祥瑞(しょんずい)写しをつくったという。鹿背山焼は,別説によれば,文政10年森本助左衛門が大和(奈良県)五条村の陶工をまねいて創始したとされる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android