金作(読み)きんづくり

精選版 日本国語大辞典「金作」の解説

きん‐づくり【金作】

〘名〙 金、または金箔(きんぱく)で飾ってつくること。また、そのもの。こがねづくり。
※浮世草子・好色一代女(1686)一「金作(キンヅク)りの木脇差印籠きんちゃくをさげて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android