コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金唐紙 キンカラカミ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

金唐紙

金属箔(はく)を張った手すき和紙に、デザインを彫ったロール木型(版木)で凹凸文様をつけ、彩色する。ヨーロッパに伝わる金唐革の技法と、日本の伝統技術が融合して生まれた。明治時代の洋風建築に高級壁紙として使われたが、大量生産の洋壁紙の普及で激減し、戦後まもなく伝承者もいなくなった。国内で金唐紙が使われ、現存する建物は国会議事堂や旧岩崎家住宅(東京)など10カ所前後。1905(明治38)年に再建された旧呉鎮守府司令長官官舎には、廊下や応接所、客室、食堂の壁や天井などに5種類、約250平方メートルの金唐紙が使われている。

(2006-09-17 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

金唐紙の関連キーワード金属箔

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金唐紙の関連情報