コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

版木 はんぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

版木
はんぎ

文字や絵などを彫刻した木版。適した用材は桜,なし,りんご,ぼだいじゅなどで,日本では主として山桜の柾目を用い,必要に応じて細かい彫りの部分につげの木口を象眼し,これに書画裏返しに張って彫る。彫板形木ともいい,中国では古く (あずさ) を用いたので梓とも呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐ぎ【版木/板木】

木版印刷で、文字や絵などを彫りつけた木版。日本では主にヤマザクラ・ツゲなどの材を用いた。彫板(えりいた)。形木(かたぎ)。摺(す)り形木。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

版木の関連キーワード刷り物・刷物・摺り物押し型付け・押型付け被せ彫り・被せ彫版彫り・版彫下刷り・下刷版本・板本梓に鏤める版行・板行版屋・板屋刻板・刻版押型付け梓に上す摺り形木版摺り木口彫初印本板目彫被せ彫模刻本木版屋

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

版木の関連情報