コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金守世士夫 かなもり よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金守世士夫 かなもり-よしお

1922- 昭和-平成時代の版画家。
大正11年1月24日生まれ。昭和22年墨一色の木版仏画で国画会展に初入選。23年富山県に疎開していた棟方志功(むなかた-しこう)と版画誌「越中版画」を発刊。30年日本版画協会,40年国画会の会員となる。風景の幻想的なイメージを木版で追求した「湖山」シリーズで知られる。富山県出身。多摩帝国美術学校(現多摩美大)中退

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

金守世士夫の関連キーワード島津保次郎アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ宮嶋資夫ローマ進軍コスグレーブシスラー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android