金山康喜(読み)かなやま やすき

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「金山康喜」の解説

金山康喜 かなやま-やすき

1926-1959 昭和時代後期の洋画家
大正15年4月16日生まれ。昭和25年新制作派協会展で新作家賞受賞。26年フランス留学。28年サロン-ドートンヌに出品,パリ国立近代美術館買い上げとなる。33年帰国。昭和34年6月16日死去。33歳。富山県出身。東大経済学部卒。作品に「食前の祈り」「アイロンのある静物」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android