コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新宿 しんじゅく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新宿
しんじゅく

東京都新宿区南西部の地区で,新宿駅を中心とした繁華街。 JRの総武線,中央線,山手線や地下鉄の各線が交わり,京王電鉄小田急電鉄西武鉄道の諸私鉄の起点として交通の一大ターミナルをなす。江戸時代甲州街道青梅街道分岐点として,内藤新宿宿場町が発展。関東大震災後,中央線沿線の西郊住宅地を背景に,東京西部の商業中心地となった。デパートや専門店,劇場,飲食店が集中。駅の西側にあるかつての淀橋浄水場の広い敷地跡には東京都庁をはじめとする,超高層ビルが林立し,道路や公園も整備されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんじゅく【新宿】

東京都の区名。昭和22年(1947)四谷牛込・淀橋の3区が合併して発足。江戸時代の甲州街道青梅(おうめ)街道の分岐点の宿駅(内藤新宿)の名をとった。新宿駅を中心に副都心として発展し、駅西側には超高層ビルが林立する。平成3年(1991)新都庁庁舎が完成し移転。人口32.6万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんじゅく【新宿】

東京都新宿区南西部の地名。JR新宿駅の周辺地区で新宿,西新宿,北新宿の町名がある。1698年(元禄11)高遠藩主内藤氏の下屋敷に甲州道中の宿駅として内藤新宿が設けられた。新宿追分(おいわけ)からは甲州道中の脇往還である青梅(おうめ)街道も分岐し,品川,千住,板橋と並ぶ江戸四宿の一つとして栄えた。 1885年(明治18)赤羽と品川を結ぶ日本鉄道(現,山手線)新宿駅が設けられ,89年には甲武鉄道(現,中央線)が開通した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんじゅく【新宿】

東京都二三区の一。区部のほぼ中央に位置する商業・住宅地区。旧四谷・牛込・淀橋三区が合併。
新宿区南西部、新宿駅周辺の繁華街。駅の西側は高層ビルが林立するオフィス街で、1991年(平成3)東京都庁が移転してきた。もと内藤新宿といい、甲州街道・青梅街道の分岐点をなした宿駅。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕新宿(しんじゅく)


東京都新宿区南西部の地区。
新宿駅を中心に繁華街を形成。1698年(元禄(げんろく)11)甲州街道と青梅(おうめ)街道の分岐点に設けられた宿場が始まり。新宿駅の西側には高層ビルが立ち並び、新宿副都心と称される。駅北側と東側はデパート・映画館などの商業施設や飲食店・風俗店などがひしめく大繁華街。駅南側には1990年代以降の再開発により、デパートやオフィスビルが進出。東京都庁、東京オペラシティなどがある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の新宿の言及

【内藤新宿】より

…江戸の北西部,武蔵国豊島郡に設置された甲州道中の宿駅で,江戸周辺の品川(東海道),千住(日光道中),板橋(中山道)とともに四宿と呼ばれた。現在の新宿区新宿1~3丁目一帯。江戸浅草阿部川町の名主喜兵衛ほか4人の出願によって1698年(元禄11)に置かれた新しい宿駅である。…

※「新宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新宿の関連キーワード東京都新宿区市谷薬王寺町東京都新宿区市谷船河原町東京都新宿区市谷長延寺町東京都新宿区市谷砂土原町東京都新宿区早稲田南町東京都新宿区市谷山伏町東京都新宿区市谷鷹匠町東京都新宿区市谷左内町東京都新宿区市谷仲之町東京都新宿区市谷加賀町東京都新宿区市谷甲良町東京都新宿区筑土八幡町東京都新宿区市谷台町東京都新宿区赤城元町東京都新宿区赤城下町東京都新宿区市谷柳町東京都新宿区早稲田町東京都新宿区新小川町東京都新宿区津久戸町東京都新宿区東五軒町

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新宿の関連情報