コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静物 セイブツ

デジタル大辞泉の解説

せい‐ぶつ【静物】

静止して動かないもの。多く、絵画の題材としての花・果物・器物などをいう。「静物の写生」
[補説]書名別項。→静物

せいぶつ【静物】[書名]

庄野潤三の短編小説集。昭和35年(1960)刊。表題作のほか、「蟹」「五人の男」などの作品を収める。第7回新潮社文学賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいぶつ【静物】

静止して動かないもの。 「 -を写生する」
「静物画」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静物
せいぶつ

庄野潤三(しょうのじゅんぞう)の短編小説。1960年(昭和35)6月『群像』に発表。同年講談社刊の同名の作品集に所収。主人公と細君、小学5年生の長女、1年生の長男、3歳の次男のつつましく平和な家庭の生活をエピソードでつづる。主人公はその小さな幸福を包み込むようにたいせつにしているが、その背後で、かつて細君のした「あんなこと」が忘れられない。細君の自殺未遂は過去のこととしてはっきりは書かれていないが、その過去を克服する努力が、いまの平和を支えている。新潮社文学賞受賞。[鳥居邦朗]
『『プールサイド小景・静物』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

静物の関連キーワードアンリ ファンタン‐ラトゥールピョートル コンチャロフスキーエリザベス ジェニングスジョルジオ モランディトゥーハー祭壇の画家高橋由一(ゆいち)サンチェス・コタンテーブル・ラインアンティミスムスティルライフ中谷 ミユキスナイデルススネイデルスル・シダネル南風原朝光ホイスム家ボージャン形而上絵画シャルダンゴブラン織

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

静物の関連情報