コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金山鐔 かなやまつば

大辞林 第三版の解説

かなやまつば【金山鐔】

室町中期に始まる鉄透かし鐔の流派。尾張熱田の金山の地で製作されたという。地鉄は手強く、構図は簡素で幾何学的なものが多い。尾張鐔に近い作風だが、より簡明で力強い。尾張鐔とともに透かし鐔の双璧。一派は江戸初期頃まで続く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金山鐔の関連キーワード尾張鐔一派双璧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android