金川 太郎(読み)カナガワ タロウ

20世紀日本人名事典の解説

金川 太郎
カナガワ タロウ

昭和・平成期の小説家



生年
大正4(1915)年5月20日

没年
平成5(1993)年2月27日

出生地
福岡県

学歴〔年〕
慶応義塾大学文学部卒

主な受賞名〔年〕
サンデー毎日大衆文芸賞(第33回)〔昭和18年〕「交流」,日本文芸大賞歴史文学賞(第1回)〔昭和56年〕

経歴
昭和15年から法務省に勤務。18年「サンデー毎日」の大衆文芸賞に「交流」が入選。25年「新樹」で読売新聞小説賞を受賞し、34年「次席検事」が直木賞候補作品となる。著書に「千人同心」「妖怪時代」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android