コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金憲昌 きんけんしょうKim Hŏn‐ch‘ang

世界大百科事典 第2版の解説

きんけんしょう【金憲昌 Kim Hŏn‐ch‘ang】

?‐822
新羅の王族。武烈王の子孫という。807年伊飡(官位第2等)で侍中に任命され,憲徳王代に武珍州,菁州の都督を歴任,21年熊川州都督となる。父の周元が元聖王に敗れた(785)ことから,822年熊津(公州)によって大規模な反乱をおこし長安国を号したが,新羅軍に攻められ自殺,その子梵文も25年に謀反して捕殺された。武烈王系再興をめざした父子三代にわたる闘争である。【大井 剛】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金憲昌の関連キーワード新羅(しらぎ)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android