元聖王(読み)げんせいおう(英語表記)Wŏn‐sŏng‐wang

世界大百科事典 第2版の解説

げんせいおう【元聖王 Wŏn‐sŏng‐wang】

?‐798
朝鮮,新羅の王。在位785‐798年。姓は金,諱(いみな)は敬信。宣徳王の即位に荷担して上大等となり,奈勿(なもつ)王の子孫と称し武烈王系の金周元を退けて王位に登った。これ以後,金憲昌の反乱など王位継承の争乱をまねき,元聖王の系統が王位を占めるようになる。儒教思想にもとづいて五廟の制度を確立し,788年には読書出身科をおいて儒学の素養をもつ官吏の登用を制度化した。【大井 剛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android