コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武烈王 ぶれつおうMuyǒl-wang

3件 の用語解説(武烈王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武烈王
ぶれつおう
Muyǒl-wang

[生]真平王25(603)
[没]武烈王8(661)
朝鮮,新羅の第 29代の王 (在位 654~661) 。姓名は金春秋。諡は太宗。父は第 25代真智王の子金龍春 (龍樹) 。母は第 26代真平王の娘天明夫人。妃は金 庾信 (きんゆしん) の妹文姫 (文明王后) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶれつおう【武烈王 Mu(r)yŏlwang】

603‐661
朝鮮,新羅の王。在位654‐661年。姓は金,諱(いみな)は春秋。廟号は太宗。善徳女王代の642年,高句麗と結んだ百済による大攻勢をうけて新羅が国家存亡の危機にたつと,貴族将軍金庾信(きんゆしん)の勢力をうしろだてに高句麗,倭,唐の諸国を股にかけて往来し,外交手腕をふるって唐の援助をとりつけ,真徳女王代に親唐政策をおしすすめた。その結果,新羅は唐に臣属し,6世紀初めの法興王以来の衣冠制や独自の年号を改めて唐の制度を採用,651年には唐制にならった官僚体系を中心とする国家機構をととのえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

武烈王の関連キーワード天声人語死刑東京マラソン位階位階勲等冠位十二階来目皇子推古天皇DREピピン@アットマーク

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone