コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武烈王 ぶれつおう Muyǒl-wang

3件 の用語解説(武烈王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武烈王
ぶれつおう
Muyǒl-wang

[生]真平王25(603)
[没]武烈王8(661)
朝鮮,新羅の第 29代の王 (在位 654~661) 。姓名は金春秋。諡は太宗。父は第 25代真智王の子金龍春 (龍樹) 。母は第 26代真平王の娘天明夫人。妃は金 庾信 (きんゆしん) の妹文姫 (文明王后) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武烈王 ぶれつおう

金春秋(こん-しゅんじゅう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶれつおう【武烈王 Mu(r)yŏlwang】

603‐661
朝鮮,新羅の王。在位654‐661年。姓は金,諱(いみな)は春秋。廟号は太宗。善徳女王代の642年,高句麗と結んだ百済による大攻勢をうけて新羅が国家存亡の危機にたつと,貴族将軍金庾信(きんゆしん)の勢力をうしろだてに高句麗,倭,唐の諸国を股にかけて往来し,外交手腕をふるって唐の援助をとりつけ,真徳女王代に親唐政策をおしすすめた。その結果,新羅は唐に臣属し,6世紀初めの法興王以来の衣冠制や独自の年号を改めて唐の制度を採用,651年には唐制にならった官僚体系を中心とする国家機構をととのえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武烈王の関連キーワード義慈王金春秋真興王尼師今麻立干阿利斯等毛麻利叱智金仁問奈勿王味鄒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone