コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金銀工芸 きんぎんこうげいsilver and gold work

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金銀工芸
きんぎんこうげい
silver and gold work

金属工芸のうち特に金銀を材料とした宝飾品,またはその技法。古くはクレタミケーネペルシアギリシアなどで鍛金,粒金細工が発達したが,ヨーロッパにおいては中世以来,特に教会法具の製作によって発達し,ルネサンス時代には宝飾品として飛躍的な発展をみせた。東洋においては隋唐時代,古新羅時代に一時的に発達したがその後はみるべきものがない。金銀細工の世界的コレクションには,サンクトペテルブルグエルミタージュ美術館の黄金の室,ベルリン国立博物館古代収集部の金銀室,ドレスデンのグリュンネ・バルトの宝飾コレクション,テヘランのもとイラン王室の財宝,イスタンブールのトプカピ宮殿の宝物室,ルーブル美術館のアポロンの間,ミュンヘン宮殿宝物館などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

金銀工芸の関連キーワード故宮博物院

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android