コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金銀泥絵 きんぎんでいえ

百科事典マイペディアの解説

金銀泥絵【きんぎんでいえ】

金銀泥は金銀の(はく)を(にかわ)水につけて加熱,摩擦して泥状にしたもので,平安時代以来装飾画に使用された。江戸初期,俵屋宗達によって線描でなく色面として使う新様式がつくられ,宗達が下絵を描き,本阿弥光悦が書を書いた和歌巻が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

金銀泥絵の関連キーワードにかわ(膠)子島寺神護寺山水文絵屋漆器衵扇油色泥絵

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android