コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金銀泥絵 きんぎんでいえ

百科事典マイペディアの解説

金銀泥絵【きんぎんでいえ】

金銀泥は金銀の(はく)を(にかわ)水につけて加熱,摩擦して泥状にしたもので,平安時代以来装飾画に使用された。江戸初期,俵屋宗達によって線描でなく色面として使う新様式がつくられ,宗達が下絵を描き,本阿弥光悦が書を書いた和歌巻が有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

金銀泥絵の関連キーワードにかわ(膠)子島寺山水文神護寺衵扇漆器絵屋油色泥絵

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android