コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金銀泥絵 きんぎんでいえ

1件 の用語解説(金銀泥絵の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

金銀泥絵【きんぎんでいえ】

金銀泥は金銀の(はく)を(にかわ)水につけて加熱,摩擦して泥状にしたもので,平安時代以来装飾画に使用された。江戸初期,俵屋宗達によって線描でなく色面として使う新様式がつくられ,宗達が下絵を描き,本阿弥光悦が書を書いた和歌巻が有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

金銀泥絵の関連キーワード元文金銀泥絵文政金銀切り箔金銀地金銀併行本位制度消し粉地紙細金砂子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金銀泥絵の関連情報