金銀泥絵(読み)きんぎんでいえ

百科事典マイペディア「金銀泥絵」の解説

金銀泥絵【きんぎんでいえ】

金銀泥は金銀の(はく)を(にかわ)水につけて加熱,摩擦して泥状にしたもので,平安時代以来装飾画に使用された。江戸初期,俵屋宗達によって線描でなく色面として使う新様式がつくられ,宗達が下絵を描き,本阿弥光悦が書を書いた和歌巻が有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「金銀泥絵」の解説

きんぎんでい‐え ‥ヱ【金銀泥絵】

〘名〙 金銀泥を膠(にかわ)を溶いたものにまぜて描いた絵。主に奈良時代に行なわれた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android