金馬門(読み)キンバモン

大辞林 第三版の解説

きんばもん【金馬門】

中国、漢代、未央宮びおうきゆうの門の一。武帝は文学の士をここに出仕させ顧問とした。魯般門。金門。金馬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きんば‐もん【金馬門】

中国、漢代の未央宮の門の一つ。側臣が出仕して下問を待つところという。魯般門。金門。金馬。
※江吏部集(1010‐11頃)中・仲春釈奠聴講古文孝経「石凾壁底埋塵昔。金馬門前待詔今」 〔東方朔‐拠地歌〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android