金門

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

金門

島、小金門島など12の島からなり、中国・アモイと最短2・1キロで接する。歴史的に中国福建省に属してきた。台湾の行政区分では「中華民国福建省」の管轄国共内戦で蒋介石元総統率いる中国国民党が49年末に台湾へ移った後は馬祖とともに台湾防衛の軍事拠点となった。58年8月に中国軍が金門島を砲撃し、中台の砲撃戦で多数の死傷者が出ると、米第7艦隊が台湾海域で戦闘態勢に入り、緊張が高まった。

(2008-10-08 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かな‐と【金門】

〘名〙 (「かなど」とも。「かな」は、金属の意) 金属で扉や柱を補強した門。また、門。一説に、金属製の門のように堅固な門とする。
※万葉(8C後)九・一七三九「金門(かなと)にし人の来立てば夜中にも身はたな知らず出でてそ逢ひける」
※人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)三「誰れかは知らず入口なる、銅戸(カナド)をそっと押し開けて、忍び入り来る二個(ふたり)の処女」

きん‐もん【金門】

[1] 〘名〙 金でつくった門。転じて、立派な御殿をいう。
※再昌草‐永正五年(1508)一二月二五日「雪擁金門曙色寒、瓊林玉樹御前巒」 〔曹植‐陳審挙表〕
※本朝文粋(1060頃)一・孫弘布被賦〈源英明〉「六十耳順。待詔陪於金門」 〔揚雄‐解嘲〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金門の関連情報